• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩サラ!!

サラ先輩が、先週行われたフィリピンでのインターナショナル大会にて優勝しました。
12-09-2010 sarahsenpai

下記、新聞の記事です。
SARAH Cruz won first place in the women's division of the 8th Philippines Kyokushin National Tournament held in Manila on Nov.
[Sarah Cruz stands with Sensei Steven Foo, Kyokushin Philippines Branch Chief, during the competition. Photo courtesy of Chris Biolchino]

Sarah Cruz stands with Sensei Steven Foo, Kyokushin Philippines Branch Chief, during the competition. Photo courtesy of Chris Biolchino
26, according to Guam Kyokushin instructor Chris Biolchino.

Cruz was the only female on the four-person Guam team and went on to defeat four experienced fighters on the way to her top finish.

"Her final match went to an extension round against a green belt," said Biolchino, noting Cruz only held a blue belt. "After a grueling two-minute extension round, Sarah won the match by decision."

Another member of the Guam team, Randy Angoco placed in the top eight for the men. Randy dominated his opponents with a skillful display of power and technique, Biolchino explained. He ended up facing the eventual winner of the tournament in the quarterfinals in a match he lost.

The next best finish for Guam came from Tony Rodriguez, who placed in the top 16.

"Rodriguez won his matches by ippon (full point in the knockdown karate system)," said Biolchino. "In his final match he lost to the third place finisher by decision."

Guam's fourth competitor, Chris Camacho placed in the top 32. He won a unanimous decision in the first round then faced a more experienced, higher ranking fighter. His opponent was a brown belt and Camacho holds a blue belt, a three belt rank difference.

He went to an extension round against his final opponent but lost by decision, Biolchino said.

"I thought the event was great. We really wanted to give our fighters a chance to compete against the high caliber practitioners they have at Kyokushin Philippines. I think the best thing to come out of our experience is all of the new friends that we made as the result of the tournament. Even though we come from different countries we can come together and participate in an excellent event and show respect and courtesy towards each other," remarked Biolchino.

The instuctor added Guam Kyokushin is planning on sending 10 fighters to Japan next Nov. 2 to participate in the 10th World Open Karate Tournament. Also, eight members will be participating in the International Karate Friendships, a youth, women and seniors event, in addition to competition in Sydney, Australia for the South Pacific Selection Titles Tournament in April.

Kyokushin is a style of stand-up, full contact karate, which emphasizes realistic combat, physical toughness, and practicality in its training curriculum. Most Kyokushin tournaments follow "knockdown karate" rules in which points are awarded for knocking one's opponent to the floor with kicks, punches, or sweeps. Grabbing and throwing are generally not allowed in Kyokushin tournaments.

Arm or hand strikes to the head, face, neck or spine are usually not permitted, but kicks to the head are allowed.

いつもお世話になってます。

おめでとうございます。  押忍!!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

KASA

Author:KASA
ニックネーム: KASA
性別: 男
誕生日:8月23日
血液型:?型
出身地:千葉県船橋市
趣味:読書、サーフィン、ゴルフだと思っている?

特徴?:
●ブルース大好き。(戦前からデルタ、シカゴ・・・なんでも。でも特にスティービーレイヴォ-ン)
●ギターが大好き。
●ウェイトトレーニング大好き。

自己紹介
ボディービル27歴年以上でありながらプロティンは飲まず、酒ばかり飲んでしまう・・・・・・。
独りではいられない寂しがり屋なボディービルダー。
本性は不健康がカッコいいと思っている自称ブルースマンです。

将来の夢:
●偏ったブルース飲み屋のオーナー
●かなり個人的な楽器屋のオーナー
●相当ハードコアなジムのオーナー
※これらは只の夢で現実的ではない。

過去の夢と将来の目標:
幼少の夢・・プロギターリスト
10代の夢・・プロサーファー
20代の夢・・プロボディービルダー
30代の夢・・プロボディービルダー
40代の夢・・人間らしく生きること。
50代の夢・・30代に見られる事と人のために生きれること。
※結果、ひとつも夢は叶っていない。

思い出に残っている歴史的シーン:
●4歳の時に2階建てのアポートから飛び降りた。
●8歳の時にギターでベンチャーズが3曲弾けた。
●12歳で初めてエレキギターを手に入れた。
●高校生の時に誰も入らない千葉のビックウェーブに度々乗った。
●高校生の時にサーフボードとウエットスーツのスポンサーが付いていた。
●20歳から25歳までに体重を60キロから105キロまで45キロ増量した。
●20から30代に一日平均6000カロリーを食べ続けた。
●その頃、日焼けマシンに連続で8時間入って焼いたことが度々ある。
●30歳の時に300キロのスクワットと800キロのレッグプレスを成功させた。
●その結果、大腿を71センチにサイズアップさせることに成功した。
●35歳の頃、腕を48センチにサイズアップさせることに成功した。
●35歳の時に400キロのバーベルシュラグと300キロのデッドリフトを成功させた。

※しかし・・・・・・。
すべて必死にやった割りには、どうでもいい事ばかり・・・?(爆笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。