• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアムナショナルズボディビルディング&ボディフィットネス大会、インターナショナル・インビテーショナル大会!!

昨年に引き続き第二回グアムナショナルズボディビルディング&ボディフィットネス大会、インターナショナル・インビテーショナル大会が行われました。

今年は女子ボディビルと女子ボディフィットネスが加わり大会の規模も拡張して行われました。

左よりBELLZ代表吉田さん、GNPC会長マリアンさん、GNPC日本事務局長の私
IMG_9915 (450x336)

こちらはGNPCのボードメンバーです。過去に輝かしいタイトルを持った選手たちでもあります。

真ん中がJBBFより国際審査委員として同行してくださいました市川さんとGNPCヘッドジャッジのテリーさんです。
IMG_0170 (450x336)

前日にはプレスカンファレンスが行われました。

左よりトミー議員、グアム政府観光局スポーツツーリズムのジェン理事、GNPCマリアン会長、JBBF国際審査員の市川さん、GNPC日本事務局長の笠松、BELLZ代表の吉田さん、GNPC審査委員長のテリーさん。
新聞やTV、ラジオ局などマスコミが取材や情報のために集まりました。グアムでは大変な話題になっていました。
IMG_0397 (450x300)

ミーティングではいろいろの事が議題になりました。
IMG_0038 (450x336)

グアム協会から日本ボディビル・フィットネス連盟に感謝の楯とチャモロ族のシナヒ(貝のネックレス)が贈られました。
IMG_0172 (450x336)

プレゼンテーターは2013年のミスグアムが行なってくれました。
IMG_0147 (336x450)

この一年間、大会の準備が大変楽しかったです。
BELLZの吉田さんと共に選手を一番として考えながら国と国との交流を深めながら楽しめる大会をめざす。 
グアムは日本から一番近いアメリカでもあり、日本の文化が残っている。

ボディビルのメッカもアメリカであるが、グアムなら日本との文化的歴史もあり、日本への理解も深いため国際交流ができる事が一番の理由である。

グアムの人々の受け入れや対応は親切であり素晴らしいもてなしの大会でした。 

日本そしてグアムから参加者の皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

KASA

Author:KASA
ニックネーム: KASA
性別: 男
誕生日:8月23日
血液型:?型
出身地:千葉県船橋市
趣味:読書、サーフィン、ゴルフだと思っている?

特徴?:
●ブルース大好き。(戦前からデルタ、シカゴ・・・なんでも。でも特にスティービーレイヴォ-ン)
●ギターが大好き。
●ウェイトトレーニング大好き。

自己紹介
ボディービル27歴年以上でありながらプロティンは飲まず、酒ばかり飲んでしまう・・・・・・。
独りではいられない寂しがり屋なボディービルダー。
本性は不健康がカッコいいと思っている自称ブルースマンです。

将来の夢:
●偏ったブルース飲み屋のオーナー
●かなり個人的な楽器屋のオーナー
●相当ハードコアなジムのオーナー
※これらは只の夢で現実的ではない。

過去の夢と将来の目標:
幼少の夢・・プロギターリスト
10代の夢・・プロサーファー
20代の夢・・プロボディービルダー
30代の夢・・プロボディービルダー
40代の夢・・人間らしく生きること。
50代の夢・・30代に見られる事と人のために生きれること。
※結果、ひとつも夢は叶っていない。

思い出に残っている歴史的シーン:
●4歳の時に2階建てのアポートから飛び降りた。
●8歳の時にギターでベンチャーズが3曲弾けた。
●12歳で初めてエレキギターを手に入れた。
●高校生の時に誰も入らない千葉のビックウェーブに度々乗った。
●高校生の時にサーフボードとウエットスーツのスポンサーが付いていた。
●20歳から25歳までに体重を60キロから105キロまで45キロ増量した。
●20から30代に一日平均6000カロリーを食べ続けた。
●その頃、日焼けマシンに連続で8時間入って焼いたことが度々ある。
●30歳の時に300キロのスクワットと800キロのレッグプレスを成功させた。
●その結果、大腿を71センチにサイズアップさせることに成功した。
●35歳の頃、腕を48センチにサイズアップさせることに成功した。
●35歳の時に400キロのバーベルシュラグと300キロのデッドリフトを成功させた。

※しかし・・・・・・。
すべて必死にやった割りには、どうでもいい事ばかり・・・?(爆笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。